アバター

Testimonials

コースを受けた方の体験談

真実の私に目覚める

2020.11.16

再びアバター®になって日常に戻ったら、世の中が私に物凄く優しいです

小野由加利さん

お名前小野由加利さん
アバターコースを受講した年齢-
アバターコースを受けた当時の職業-
お住いの地域埼玉県
年齢56歳
ご職業医療従事者


私はアバター®マスターのライセンスを持っていますが、9年3カ月働いた職場を辞めたところで、ちょうど良い区切りで、これから何をして行こうか決めるためと、56歳になったのでそろそろ自分をアップデートしないとなぁと思い、約16年ぶりに再受講しました。

まず、初日の「固定された注意を解く」の練習でガツンと来ました。
職場の9年間の働きにくい状況は私自身が創ってたんだぁ…って事に気づいてしまった(汗)
自分の自己価値が低いので、自分より劣る人たちを創造して(実際にはそうではなく、その人達をコケに出来る部分に着目し続けていた)、上司も含め職場の人を見下す事で自分の価値を上げるという複雑な事をしていました(汗)

さらに第二部の後半、現実創造リストは時々使うツールなので嫌じゃないんだけど、今回は「めっちゃ疲れる」って感じで中々終わりに出来ませんでした。
この練習は、実際の人生の癖が現れると私は思うんですが、私の場合『プライマリーを創り出す事より、セカンダリーに留まっている時間がめちゃくちゃ多くなってる』人生でも『周りが間違ってるからと抵抗したりそれをなんとか変えようとしてたー』と気づき、意図を変えてプライマリー(望む現実)に注意を向けたらあっという間に現実創造出来ました。

第3部では、自分が消したと思ってた創造が戻って来たり、消したつもりが少し残してる事に気づいて、そうしてる理由が
「人を見下す」
「人を批判する」
「人を卑下する」
「仕返しする」
「攻撃してもいい理由にする」
「上の人に自分の勤勉さ誠実さを見せつけてポイントを稼ぐ」
…私、本当ヤバいです(^^;;

他のランダウンでも「私は目醒めにコミットしない人々、自分の内面を正直に探求しようとしない人々をバカにして見下している」って事に気づきました(汗)

自分が崇高な優れた存在になりたいために、(特に心の中で)あらゆる人を見下していました。

でもそれは本当の自分ではなく、幼少の頃に経験した『惨めさ』『悔しさ』『抑圧』『無力感』などが意識の中に残ってた(手放さないで残してた⁉︎)ので、虐待の連鎖のように、それを埋めようとその反対側のアイデンティティが猛威をふるってたんだなぁと気づきました。

今まで私に関わって被害を被った皆様、ごめんなさい。

再びアバター®になって日常に戻ったら、世の中が私に物凄く優しいです。色んな状況に出くわしますが心が穏やかです。誰とでも繋がれる感じがします。
思考が静かで心に平安があります。

ずーっと前にアバター®を受講した方も、まだ受講していない方も、何か人生が上手くいってない感じがしたり、どうも壁にぶち当たってるような感じがしてたら、どうぞ【自分をアップデートするために】アバター®コースを受講してみて下さい。

コースに参加するとアバター®マスター達の真摯なサポートがあり、一緒にコースを受講している方々のおかげもあって、自分ひとりでは探求出来なかった処まで探検しアップデートできると思います。

私はやっぱりアバター®が大好きです。この年齢でアバターに出会えていることに感謝をしています!是非アバターを受けてみてください!遅いとか早いとかは全く関係ないと思います!参加してみてください!

Latest

最新の記事

自分の人生を自分が創るという主体性を体験的に取り戻すことだった

「殻を破った自分が見たい」とオーダーしたのは自分だった

【動画】10月アバター®︎コース コース修了後インタビュー<ダイジェスト>

Recommend

おすすめの記事

得るものがありすぎて、書き切れません!

子供たちに自由意志を持った人間になってほしい

「私は、私なんだ」本当の自分にやっと戻れた。

Category

体験談をあなたのニーズから探す

Keyword

キーワードで体験談を探す